スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -

八杯汁


「おいしくて8杯も食べられる」
というのが名前の由来だそうです。
絹ごし豆腐のつるんとした感じと
片栗粉のとろみが、ホント、何杯でもいけちゃうのです。
いつもおかわり出来るように多めに作っちゃいます(笑)。
だいこんとしょうがのおろしとの相性もぴったり。
これだけでごはんだって何杯もいけちゃいそうです。


カボチャを↑1日1クリックで
応援してくださると嬉しいです♪
今日も読んでくれてありがとう。




   主菜 サバのみそ煮
   副菜 ひじきと長いものわさび和え
   副菜 なすのきんぴら
   汁物 八杯汁
   主食 雑穀入り合鴨米
   香の物 高菜漬け

Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

さつまいものポタージュ


朝昼晩とお米ばかりな我が家も
土曜日の朝だけはパン♪
ちょっとホテルの優雅なブランチという妄想。
そこにはやはりスープがなきゃね。
というわけで今日のスープは
さつまいものポタージュ。
無農薬の野菜なので、皮ごといただきます。
隠し味は、昆布だし。
これが優しくておいしいポタージュにしてくれます。


ドングリを↑1日1クリックで
応援してくださると嬉しいです♪
今日も読んでくれてありがとう。
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

サーモンチャウダー


夫が出張から帰ってきたのは午前0時過ぎ。
ずっと新幹線に乗っていると、
内臓の機能が弱まるようなので、
消化が良く、体が温まるものを。
となると野菜たっぷりのスープの出番です。
秋サケでチャウダー♪
野菜とサケから旨みがたっぷり出るので
スープストックは使いません。
残しておいた団子3個と一緒にいただいてました(笑)。
お疲れ様でした。
団子を頬張りながら夫が一言。
「10個も食べたの?」
「!」


ドングリを↑1日1クリックで
応援してくださると嬉しいです♪
今日も読んでくれてありがとう。

『栄養と料理』2007年10月号の
『10月 使いきりレシ サケ』
という記事を参考に作りました。
栄養と料理 2007年 10月号 [雑誌]
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

きのこのスープ3種

きのこのおいしい季節。
最近作った汁物3つ。
干ししいたけのポタージュ。
ポイントは干ししいたけを戻さずに
ミルサーで細かくして使うこと。
洋風なポタージュに意外なほど旨みがプラスされて美味。

きのこの酢辣湯(すぁんらーたん)。
酸味とこしょうがきいてます。
具沢山でおかずになるスープ。
炊き込みごはんといただきました。

きのこと牛肉の鍋仕立て。
きのこと牛肉の相性は抜群。
土鍋が似合う季節になりました。
牛肉の4倍のきのこを入れたのに
ペロリといただけちゃいました。



ドングリを↑1日1クリックで
応援してくださると嬉しいです♪
今日も読んでくれてありがとう。
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

トマトとココナッツのスープ

先日のゆで豚とせりのエスニック風ライスと一緒に作ったのが、
エスニック風スープです。
トマトの酸味とココナッツの甘みがいい具合に合うんです。
多めに作って、次の日にはごはんにかけていただきました。
お肉が入ってなくても、おいしいおかずにもなってしまうスープです。



材料/鍋に合わせて・・・4〜6人分
  トマト(1儚僂棒擇)・・・大2個
  A 長ねぎ(みじん切り)・・・1本
    にんにく(みじん切り)・・・1かけ
    赤唐辛子(みじん切り)・・・1本
    しょうが(みじん切り)・・・小さじ1
  水・・・4カップ
  B こぶみかんの葉・・・4枚
    ライムの皮の薄切り・・・1/4個
  ココナッツミルク・・・1カップ
  オリーブ油・・・大さじ2
  塩・・・適量

作り方
1.鍋に油を熱して、Aを炒める。

2.トマトと水とBを加えて、煮立ったら15分弱火で煮る。

3.ココナッツミルクを加えて、塩で味をととのえる。

こぶみかんの葉は、エスニックな料理にはかかせません。
乾燥させたものなら、手に入ると思います。
英名では、KAFFIR LIME LEAVES
日本ではカフィアライムリーフとか、カフェライムリーフとか書いてあります。
タイでは、バイ・マックルーといいます。
細かく切って使えば、食べれます♪

←ポチっとクリックお願いします★

ココナッツミルクは、1カップ分残ったので、デザートを作りました。
パクチーもまだあるので、アジアンな日々が続くかも・・・

■2/28追記 1カップ分残ったココナッツミルクのデザートはこちら↓
                        ココナッツヨーグルトゼリー

■3/2追記 残っていたパクチーの献立はこちら↓
                   切り干しサラダ エスニック風   
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

きのこのスープ

きのこが安い日は、たくさん買ってきてスープにします。
基本は「人数×2回分」
たっぷり作って1回目のスープを楽しみ、
少しアレンジして2回目のスープを楽しむのがオススメ♪
手間は1回分で2度おいしいというのがうれしいのです。
基本的にスープストックは使いません。
使うと手軽においしく出来ますが、味が平坦になってしまうのと
手作りの意味が半減するように感じます。


↑1回目のきのこのスープ ↓2回目のきのこのスープ


作り方
きのこはあるものなんでもオッケーです。
1回目はしいたけ・まいたけ。
2回目はしめじ・えのき・豆腐が追加されています。

ポイントは、オリーブ油でにんにくのみじん切りを炒め、
長ねぎと玉ねぎのみじん切りを炒めていること。
これがおいしさの素です。
味付けは、塩・こしょう。
今回は和風にしたかったので醤油を入れました。
何風にしたいかで調味料を加えるとさまざまな味が楽しめます。

←ポチっとクリックお願いします♪
           ランキングに参加しています。

1回目のスープの献立はこちら
2回目のスープの献立はこちら
献立の全体像をとらえて、足りない栄養素を追加する感覚で汁物を
作ると簡単に栄養のバランスがととのいます。
栄養素というと難しく感じますが、マゴワヤサシイが基本です。
詳しくはこちらをどうぞ→和食の基本
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

レンズ豆とドライトマトのスープ

お腹は空いてるけど、普通の食事がつらい時は
スープに限ります。今週も、夫が帰ってくるのは、
午前2時〜3時。温かいスープで少しでもホッと
出来ればいいのですが・・・



材料/4〜6人分
レンズ豆(乾燥・皮付き)・・・適量

A にんじん・・・適量
  セロリ・・・適量
  トマト・・・適量
  ドライトマト・・・適量

水・・・5カップ
柑橘類のしぼり汁・・・大さじ1
クミンパウダー・・・小さじ1
E.V.オリーブオイル・・・大さじ2
塩・こしょう・・・各適量

作り方
1.Aの具材を適当な大きさに切る。

2.鍋に油を熱してにんじんとセロリを炒める。

3.レンズ豆と水を加えて15分煮る。

4.残りの材料を入れて15分煮る。

5.塩・こしょうで味をととのえる。

レンズ豆は、下準備不要!栄養豊富!消化良好!なので
日々の食事に取り入れたい食材です。
皮付きと皮なしがあるので、
いろいろ試してみると楽しいです。
豆だけに豆知識♪
レンズの語源はこのレンズ豆なんです。
そして、世界の5大健康食品として、このレンズ豆は
選ばれてもいるんです。他の4つは・・・
韓国のキムチ!日本の大豆!スペインのオリーブ油!ギリシャのヨーグルト!

←ポチっとクリックお願いします♪
           ランキングに参加しています。

このレシピは、マクロビオティックを応用してますので
スープストックは使っていません。
有機栽培、自然農法の野菜を使うと、野菜の本来の味が
たっぷりと味わえます。
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

サケとカリフラワーときのこのミルクスープ

帰りの遅い夫にとって、温かい汁物はごちそうなのだそうです。
名付けて『ごちそうスープ』。
ということで・・・サケとカリフラワーときのこのミルクスープはいかがでしょう。



     材料/4人分

     甘塩ザケ・・・3〜4切れ(240g)
     カリフラワー・・・1/2株(250g)
     好みのきのこ・・・合わせて100〜120g
     玉ねぎ・・・1個(120g)
     バター・・・大さじ3(36g)
     塩・こしょう・・・各少量

     A 白ワイン・・・大さじ2
       水・・・3カップ
       ロリエ・・・1枚
       固形ブイヨン・・・1個

     小麦粉・・・大さじ2
     牛乳・・・1カップ
     塩・・・小さじ2/3〜1

     1人分/272kcal

 作り方
1.サケは皮と骨を除いて食べやすい大きさに切る。
  玉ねぎは薄切りにする。

2.カリフラワーは小房に分ける。若い葉は一口大に切る。
  きのこは石づきを除き、食べやすい大きさに切る。
  
3.鍋にバター大さじ1を溶かし、玉ねぎ、サケを入れ、
  塩・こしょうでいためる。
  Aと△魏辰┐銅冦ったら弱火で
  蓋をして10〜15分煮る。

4.小鍋にバター大さじ2を溶かし、小麦粉を1〜2分
  焦がさないように弱火でいため、さらりとなったら、
  の煮汁を加えてときのばし、牛乳を入れて、
  とろみがでたら、の鍋に加え、塩で味をととのえる。

  *本日の献立*
 サケとカリフラワーときのこのミルクスープ
 タコ入りにんにくドレッシングサラダ
 まいたけのベーコン巻き
 アサリ入りいりおから
 野沢菜
 無洗米2:発芽玄米1
 麦茶 番茶


 きのこのリゾットを作った時のきのこが残っていたので、スープにしました。
 生クリームを使ってないので、コクがあるのにさらりといただけます。
 水の量はそのままで、きのこもカリフラワーも
 上記の分量より多めに入れました。
 カリフラワーは葉の部分もけっこう食べれるので一緒に煮込むといいです。

 残ったまいたけは、ベーコンを巻いて焼きました。
 小さめのはお弁当に。
 大きめのはなばなと油揚げのマスタードソース
 上にのせて、いただきました。
 

  Banner_02 ←ポチっとクリックお願いします♪
              食のランキングに参加しています。

Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

豚スペアリブとセロリと大根のスープ

寒い日には、コトコト煮込んだスープで温まりましょ。
豚スペアリブとセロリと大根のスープはいかがでしょう。



豚スペアリブとセロリと大根のスープのレシピ

   材料/2人分×2回分
    豚スペアリブ・・・300g
    セロリ(筋を除く)・・・2本(320g)
    大根・・・1/3本(300g)
    ねぎ・・・1本(100g)
    しょうがの薄切り・・・2〜3枚
    水・・・6カップ
    酒・・・大さじ2
    塩・・・小さじ1
    あらびき黒こしょう・・・適量

   作り方
   1.セロリは3〜4冂垢気法大根は3〜4僂棒擇襦
     ねぎは小口切りにし、冷水の5分浸して水けをきり、
     さらに水を3回かえて辛味を抜き、水けを絞る。

   2.鍋に豚スペアリブとしょうが、水と酒を入れて強火にかける。
     煮立ち始めたら弱火にしてアクを除く。
     セロリと大根を加えて蓋をして50〜60分煮込む。
     塩で味をととのえる。

   3.器に盛ってねぎをのせ、こしょうをふる。



人気blogランキングへ
読んでくれてありがとう。
応援クリックが励みになります。
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)