スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -
<< 逆説の日本史 | ポテトサラダ >>

キーワード 万次郎

何かを知ると、そこから繋がる世界がある。
言葉と言葉がリンクして、世界は無限に拡がる。

中浜万次郎―「アメリカ」を初めて伝えた日本人』を読んで
私の中で確実に新しい世界が拡がった。

残念なことに、『中浜万次郎―「アメリカ」を初めて伝えた日本人』
を書かれた中濱博さんが急逝された。
ご冥福をお祈りいたします。

中濱博氏=ジョン万次郎のひ孫
 中濱博氏(なかはま・ひろし=ジョン万次郎のひ孫)3日、虚血性心疾患で死去。79歳。葬儀は8日午後1時半、名古屋市昭和区南山町1カトリック南山教会。喪主は妻、智子さん。
 幕末、日米修好に功績を上げたジョン万次郎(中濱万次郎)が伊豆諸島・鳥島に漂着した際、救助したジョン・ホーランド号の米国人船長の子孫と交流を続けた。医師で、著書に「私のジョン万次郎」など。(2008年4月5日13時48分 読売新聞)

そして、日経新聞今日(4月7日)の夕刊のニュース。

老中書簡に「万次郎」の名
「ジョン万次郎」の呼称で知られる中浜万次郎を幕臣に取り立てた際、幕府の老中阿部正弘が土佐藩主山内豊信に出した書簡が高知市鷹匠町の土佐山内家宝物資料館で見つかり初公開された。2行目に「中浜万次郎」の文字(4月6日15時46分配信 時事通信)

山内豊信は、徳川慶喜に大政奉還を建白した。
その徳川慶喜は、万次郎に書を送っている。
土佐山内家宝物資料館

断片的に知っている言葉が暗号を解くように繋がる。
そして、さらに世界は奥行きを増していく。

blog ranking please click here!
Posted by natsu * comments(0) * -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク * - * -

Comments

Comment form