スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -
<< 国際化時代の食文化 | さつま芋の蒸しパン >>

秋サケのごま酢煮

とにかく「お酢LOVE」な私。
疲れたなぁと感じた時は、間違いなく
甘いものではなく酸っぱいものを求めます(笑)。
それも熱々なものに、お酢をかけて
むせ返りながら食べるのが好き。
夫には、長生きしない食べ方だ!とよく言われます。
そんなわけで、
食べる直前にお酢をかけるのもおいしいのだけれど、
お酢で煮込んだ料理もこれまたおいしくて好き。
今回はポン酢で煮込んで仕上げにすり白ごまを混ぜました。
ほのかな酸味にごまの風味がたまりません♪

今が旬の秋サケを一口大に切って、酒と塩を振り
ごま油でカリっと焼いて、そこに
乱切りにしたレンコンを加えて炒め、
ポン酢醤油と水を50佞困帖⊆鬚鮠々入れて煮込みます。
煮汁が少なくなったらすり白ごまを混ぜて出来上がり。
器に盛って針生姜をあしらいます。



2007/11/13(火)の献立

   主菜 秋サケのごま酢煮
   副菜 小なすのからし漬け
   副菜 小松菜と長芋ととんぶりのお浸し
   汁物 しじみと小ねぎの味噌汁
   主食 雑穀入り有機栽培精米
   香の物 長芋のぬか漬け
   

今回は『栄養と料理 2007年 11月号』の
「使える!切り身魚のアイデアおかず」という
記事を参考に作りました。
ランキングに参加しています。
こちらを↓クリックで応援してね。
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク * - * -

Comments

Comment form




 

   

Trackbacks

Trackback url: