スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -
<< プロヴァンスの贈りもの | あんかけ生湯葉丼 >>

江戸の妖怪事件簿

先日、『江戸の怪し』という展示会に行った話をしましたが、
その時に『しゃばけ』という小説を紹介しました。
なんとフジテレビにてドラマ化(今秋)
が決定しましたよ♪

しゃばけ

日本橋の大店、長崎屋の一人息子、一太郎は、
とっても病弱でいつも部屋に篭っています。
けれど、その部屋にはたくさんの妖怪たちが遊びにくるのです。
そんな怪しと一太郎が江戸で起こった事件を解決していきます。
どんな風に映像化されるのか、楽しみです。
詳しくはこちらを→しゃばけ倶楽部
それにしても・・・江戸の人々は、
妖怪ネタが好きだったようです。
今で言うと、スポーツ新聞などのUFO記事かな。
『読売り』(瓦版のようなもの)にもずいぶんネタとして
書かれたようです。
そして、妖怪が出る!とか、妖怪に憑かれた家がある!とか
ニュースを仕入れては見物に行ったようです。

江戸の妖怪事件簿

江戸の妖怪事件簿』は
そんな江戸の人々の価値観に触れることが出来る本。
幽霊は信じないが、
狐や狸に化かされることは信じるという
実体が明らかになります。
科学や医学で解明できない事を
妖怪というカテゴリーでくくることによって
秩序を守っていたようにも思えます。
まるで、鎮守の森を粗末にすると
罰が当たると言って森を守ってきたように。
そこには、江戸の人々の叡智さえ感じます。

ぬしさまへ

とりあえずは、しゃばけシリーズの2作目
ぬしさまへ』までがドラマ化されるそうなので
原作を読もうかな。

こちらを↑1日1クリックで
応援してくださると嬉しいです♪
今日も読んでくれてありがとう。

私のつぶやき
725BOX
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク * - * -

Comments

Comment form




 

   

Trackbacks

Trackback url: