スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -
<< APPARE! AVOCADO | インディアンストロベリー2007 >>

陽炎ノ辻


夏は自転車より電車移動がめっぽう増えます。
そこで、電車でも軽く読めるように
娯楽的作品に手を伸ばしました。
佐伯泰英さんの
陽炎ノ辻―居眠り磐音 江戸双紙
シリーズもので既に22巻まで出ています。
7月19日(木)からは、NHK木曜時代劇
陽炎の辻〜居眠り磐音 いわね  江戸双紙 えどぞうし 』が
放送されています。
なかなか人気があるようですね。
小難しくないので、さらっと読めますし、さらっと眠れます(笑)。
けれど読み出すとおもしろくて、既に降りる駅を
2回ほど乗り過ごしてます(苦笑)。
陽炎の辻でのキーワードは、
南鐐二朱銀 なんりょうにしゅぎん  と鰻でしょうか。


南鐐二朱銀 なんりょうにしゅぎん とは、

江戸時代に流通した銀貨の一種で、
明和9年(1772年)9月に田沼意次の命により創鋳されます。
それまでは江戸では金貨、大阪では銀貨が使われており、
為替レートも日々変動していました。
これを改善するために、金貨2朱に相当する銀貨を発行して、
金貨と銀貨の統一が試されました。


この南鐐二朱銀をめぐって事件が起きるわけです。
そこで武士から浪人になった主人公・磐音が
両替屋に用心棒として雇われ、
また鰻屋で鰻をさばく仕事もまかされ、
今で言うなら・・・
会社をリストラされたフリーターとでもいいましょうか。
現代ならこういう状況に追い込まれ
自殺してしまう人も多いですが、
磐音は、逆に鰻をさばくがごとく、
人を切り殺していきます。
それも正義のためにといった所が、
勧善懲悪な時代劇なわけで、
ニューヒーローが平成の世に誕生♪した感じ。

でも、いつも相手からも切られたりして
まだまだ成長過程。
あんまり傷が深いと、鰻屋のバイトが出来ないよ(笑)。
居眠り磐音 江戸双紙 公式サイト

こちらを↑クリックで
応援してくださると嬉しいです♪
今日も読んでくれてありがとう。
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク * - * -

Comments

Comment form




 

   

Trackbacks

Trackback url: