スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -
<< 新じゃがいもと鶏肉の蒸し焼き | クチナシの香り >>

トマトヤンニョム


薬味だれも季節によって少しアレンジすると、
食卓に季節感が生まれていいなぁと思います。
韓国では薬味だれのことをヤンニョムといって、
韓国料理にはかかせないアイテムなんだそうです。
今回は、夏のヤンニョム♪
栄養と料理 2007年 07月号 [雑誌]を参考に作りました。

またまた我が家のミニミニ菜園から
摘み立てのイタリアンパセリを使いました。
プチトマトも無農薬でミニミニ菜園から収穫したもの。

1日目はナスをあえていただきました。
韓国料理というより、イタリアンな風味。

2日目はゆでた鶏肉とベビーリーフに
たっぷりかけて主菜として。

3日目はパプリカと一緒に。
パプリカは韓国産がよく出回ってますね。
平成15年には、韓国産のパプリカの残留農薬が基準値を超えていた
なんていうニュースもありました。
けれど、最近は減農薬でおいしい国産のパプリカが
手に入るようになりうれしいかぎりです。
フードマイレージのことも考慮すると、
やはり私は国産を選びます。

読んでくれてありがとう。
人気blogランキング
応援クリック↑が励みになります。
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク * - * -

Comments

Comment form




 

   

Trackbacks

Trackback url: