スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -
<< 生湯葉丼 | World Environment Day 2007 >>

老松の夏柑糖

京都へ行くことが決まってから読んだ本に
老松 おいまつ 夏柑糖 なつかんとう 
というお菓子の話が出て来ました。
単なる偶然とは思えず、京都へ行ったら是非食べたいと思いました。

老松は、北野天満宮の東門にある上七軒 かみしちけん 
の中ほどにある和菓子の老舗です。


上七軒 かみしちけん  とは

 北野神社東門の門前に形成された茶屋町のこと。
 上七軒と呼ばれ、花街としての歴史は京都で
 最も古い。室町期の天満宮改修の折、残った
 用材で7軒の水茶屋を建てたのが始まりといい、
 狭い通りに面して2階建ての町家が並ぶ。
 奥まったところに歌舞練場があり、毎年4月、
 ここで北野踊りが催される。



4月になると、萩から夏みかんが届けられ、
ひとつひとつ手作業で作られる夏柑糖。
9月までの夏だけの楽しみというわけです。

原材料は、砂糖、寒天、夏みかん。
それだけ。
添加物はいっさい入ってません。
両手に余るほどの大きさと重量感に、まず驚きました。

上蓋を取ると、切られたのはそこだけだとわかります。
どうみたって、中身を取り出すのだけでも大変です。

半分に切り分けた時の、
その香りにお菓子であることを忘れそうです。
夏みかんそのものを割った時の様な感覚。

なんて粋なお菓子なんでしょう。
食べる前にこれほど興奮するなんて!

ひとくち含むと、あぁ日本人で良かった♪と思い、
初夏の風がふわりと私の頬を撫でるようで、
心に凛としたものが芽生えました。

家をめぐる冒険
夏柑糖の話は、この本に載っていました。
家を買うまでの話とはほど遠いような話題ですが。
堀井和子さんも言ってます。
夏柑糖を食べてみて、
やはり日本人に生まれてよかったなぁと誇らしく感じた。と。
家を買う条件でも、家での暮らし方でも、
あぁ日本人で良かったと思えるそういう感覚を
忘れたくないですし、ふと感じられる生活が
とても大切だと改めて感じたのでした。


 老松
 
 京都市上京区北野上七軒 きょうとし かみぎょうく きたのかみしちけん
 

 TEL 075-463-3050
 OPEN 8:30-18:00



人気blogランキングへ
読んでくれてありがとう。
応援クリックが励みになります。
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク * - * -

Comments

Comment form




 

   

Trackbacks

Trackback url: