スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -
<< エスニックそうめん | ゴーヤーの日 >>

マンゴーの誘惑

熱帯的なものに
強く惹かれるのは、
どうしてだろう。
食べ物で言えば、アボカドやココナッツやマンゴー。
そのおいしさと、濃厚な甘みや香りに、
私はちょっと興奮さえする。
エロスさえ感じる。
今回はマンゴーの話。
そんなマンゴー好きな私は、
外出する時に携帯するのは、ドライマンゴー♪
お風呂上がりに塗るオイルはマンゴーオイル♪
初夏は、マンゴーな私。
これが真夏になると、ココナッツな私になる。



新宿+映画=タカノフルーツパーラー


この公式により、タカノフルーツパーラーでいただいたのが、
マンゴートライフルとマンゴーパフェ。
輸入果実は、環境負荷を考えると、
なるべく控えなくてはならない。
化学肥料を使って大量生産されたものは、
その土地にもよくないし、作ってる人にもよくない。
飛行機や船で運ばれてくるのにたくさんのCO2が
排出されてしまう。
食べてはいけない。
あぁ、でも食べたい。
マンゴーの誘惑は、私を熱帯果物嗜好へといざなう。

植物学者の塚谷裕一(つかやひろかず)は、
この熱帯果物嗜好を下記のようにひも解く。
マンゴーはインドが原産。
熱帯アジアの夜を思わせる甘く重い濃密な味と香りは、
大東亜共栄圏に似て、欲してはならないタブーだったのではないか。

さらに、戦後のアメリカ的価値観のもと、
グレープフルーツのような、
いかにも明るく欧米的で、酸味が強く、
さわやかな香りの果物こそ良しとすべきだったのだろう。

しかし、食文化の欧米化で脂っこい食事が増え、
それとバランスを取るべく、マンゴーブームがおこったのではと。
そして、マンゴーの次は、ドリアンが来る!らしい。
第二次大戦中の激戦地、ボルネオを代表する果物ドリアン。
タブー中のタブーというわけだ。
なるほど、大東亜共栄圏は失敗に終わった。
しかし、今、地球温暖化の最悪の危機を乗り越えるためには、
新・大東亜共栄圏なる構想もありではないのか?
日本は環境先進国として、
アジアのリーダーシップをとるのだ。
アジアの国々の環境を破壊した日本は、
今こそ本当の罪滅ぼしをしなくてはならない。
そうしたらきっと、ドリアンさえも
日本の食文化に溶け込むかもしれない。
人気blogランキングへ
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク * - * -

Comments

Comment form




 

   

Trackbacks

Trackback url: