スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -
<< 洋梨のケーキ | 1分も待てない! >>

宇治茶梅酒

今日は昭和の日
今年からの新しい国民の祝日です。
「激動の日々を経て、
復興を遂げた昭和の時代を顧み、
国の将来に思いをいたす」
昭和がすでに過去の歴史になったのだと思いつつ、
昭和世代の私は、昭和を感じるものが好きなのです。
それも、私が生まれる前の昭和。
戦前の昭和。
戦後の昭和。
この時代を知らずにモノやコトは語れない気がします。
政治や経済だけでなく、文化や流行も。

そんな私が昭和を感じる飲み物のひとつに、
梅酒があります。
日本を代表するリキュールである梅酒。
昭和の時代に流行りました。
1962年の酒税法改正で家庭での果実酒作りが合法となり、
家庭で果実酒を作ることがブームになったのです。
それまでも家庭で作られていた梅酒は、拍車をかけて
一般家庭で作られるようになりました。
お風呂あがりの1杯は、家族で梅酒でした。
子供の私も、一口だけ飲むことを許されていたのです。
その味は、甘酸っぱくて・・・
今でも梅酒を一口含むと、昭和のお風呂あがりの我が家の
風景が鮮明と思い出せます。
もちろん、健康ぶらさがり器が、片隅に見えます(笑)

最近好きな梅酒がチョーヤの宇治茶梅酒
不思議なんです。
日本を代表する梅酒と宇治茶は古い歴史があるのに、
一口含むと、さっぱりと新しい感覚で、あれ?なに?不思議♪と
もう一口、もう一口と、飲んでしまいます。
今日の夜は、夫とこの宇治茶梅酒で、
昭和を語りながらばんごはんにしようかな。
人気blogランキングへ
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク * - * -

Comments

Comment form




 

   

Trackbacks

Trackback url: