スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -
<< サンビームのハンドミキサー | 山笑う >>

木綿か絹か?

愛読している栄養と料理の5月号を買ってきました。
今月号もいろいろと作ってみたいレシピがたくさん♪
今日の献立は決まっていたのですが・・・雑誌を見ていたら
どうしても作ってみたくなり予定変更しちゃいました。

コウケンテツさんのかんたんおこわ&ちまきから
薬膳風おこわです。
私の好きな味で大満足。

コウケンテツさんのブログはこちら→GOOD DISH!


 さて、『栄養と料理』の中で楽しみな読み物に
 フードシネマ(新作映画から食のシーンをフィーチャー)
 というコーナーがあり、今月はあかね空
 いつもは、このコーナーに刺激されて映画を見に行くことが
 多いのですが・・・今回は私が先に見ていました(笑)

 豆腐職人の永吉が作っている京豆腐は、
 木綿なのか絹ごしなのか?
 疑問に思っていたことがわかりました。

 絹ごし豆腐が作られるようになったのは、
 戦後なのだそうです。

 記事によると・・・
 戦前まで豆腐は海水からとる天然のにがりを使用しており、
 そのため余分な水分を抜く木綿豆腐の製法であった。
 しかし、戦中、弾薬製造のために天然にがりが徴収され、
 在庫がなくなった。戦後、代替品として合成にがりが作られ、
 凝固力が強いため、水分を多く含む絹豆腐が生まれた。
 のだそうです。

 絹ごし豆腐はある意味、戦争の副産物だったのですね。

となると、私が作ったこちらの豆腐は、木綿か絹か?
豆乳に天然にがりを混ぜて蒸し器で作りました。
天然にがりを使ったから木綿だけど、
木綿を使って水分を抜いてないから絹か。

どちらにしても、自分で作ると
おいしさも倍増するみたい♪
今度は大豆から作ってみたいです。
人気blogランキングへ
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク * - * -

Comments

Comment form




 

   

Trackbacks

Trackback url: