スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -

ケーキーズ

  平成20年(2008)1月6日から3月30日
 まで真夜中にたった5分だけ放送されていた
 『ケーキーズ』。みんなの賛同はあまり得ら
 れないのだけれど、私はこういうシュールな
 のが好き(笑)。ちょっとグロくて、ちょっと
 エロくて、ちょっとカワいいフィギュアの世界。

 ストーリーは、巨大やくざ組の景気組と甘味一家の抗争を描いている。ある日、大爆発が起こり、組員がケーキになってしまい(驚)、ケーキとして生きていく(謎)のだった。しかし、そこにはある秘密が隠されていたのだが。
 「ケーキーズ」を見て以来、ケーキ屋さんのショーウィンドウの前を通る度に、シュークリームはシュークリーム松田に見えるし、モンブランはモンブラーノ、ショートケーキはショートンに見えてしまう有様。さらに気付くと、「そしてわしらはケーキになりました」という決め台詞をすごんでみたり(笑)。すっかり「ケーキーズ」に侵されている。

  HPを覗いてみると、16週に渡ってブログパーツをプレゼント
 すると書いてあるのだけれど、放送は12週で終わってるし、そ
 の後のブログパーツはcoming soonのまま。1番好きな「とさ
 犬太」というキャラのブログパーツを待っていたのだけど。
 なんだか、このまま更新されそうもない(泣)。

 CAKEEES ケーキーズ
 blog ranking
Posted by natsu * comments(0) * -

煮込み白菜

夫の帰りが遅い日は・・・
ごめんなさい、先に食べちゃいます。
すると帰宅時間に合わせて、温めなおすことに。
けれど温めなおすと、料理って風味もなくなって
おいしくなくなるのよね(泣)。
そこで、温めなおすことでおいしくなる料理は?
と考えて・・・
1番に思いつくのはおでん。
冷える時にぐぐっと旨みを具が吸い込むから
一度冷やすとおいしいおでんが出来るのだけれど
毎日おでんというわけにもいかない(笑)。
2番目に思いつくのは煮込み系。
カレーなんか寝かせるとうまくなるけれど
毎日カレーというわけにもいかない(笑)。
で冬によく登場するのが、煮込み系鍋料理。
煮込んでもその物体が明らかになるように
葉ものは根元をくっつけたまま。
根菜はゴロゴロ大きく。
緑の野菜は煮込まないでたれにする。
この原則さえ守れば、おいしい煮込み系鍋の出来上がり♪

今回は、田舎(茨城)で義父が作った白菜を
包丁でたたいたニンニクと
戻した春雨、酒と醤油で炒りつけた鶏もも肉と
煮込みました。
食べる直前に、
小口切りのニラと酢・醤油・すり白ゴマを大さじ1ずつ、
ごま油を大さじ1/2、好みで粉唐辛子を混ぜた「にらだれ」
をかけて。
あ〜満腹♪


ランキングに参加しています。
こちらを↓クリックで応援してね。
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

残りものでチゲ

かた焼きそばを食べた日の真夜中。
夫がゴキゲンで帰ってきた。
ただいまのチューはいいけどさ。
にんにく食べたでしょ。
ずるい。

韓国料理を食べたらしい。
それが、かなりおいしかったらしい。
話をしてくれるのはうれしいし、
おいしくて楽しかったならよかったね。
とは思うけど・・・
こちらとしては、頭の中に
もうキムチチゲしか浮かんできません!(笑)
というわけで、嫌味なように次の日はキムチチゲに。
けれど、週末は家を空けるので、食材を買い足したくない。
なので、残りものでチゲということになりました。
厚揚げと納豆とキムチとせり。
おかげで冷蔵庫がすっきりしましたとさ。

ランキングに参加しています。
こちらを↓クリックで応援してね。
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

秋サケ鍋

昨日は寒くて・・・
秋サケをグリル焼きにしようと思ってたのに・・・
ホワホワ湯気の鍋に急遽、変更!
なべあとは・・・うどんに決定!

お水に昆布を入れて、サケを入れて、
ほうれん草とねぎを加えて、
醤油とゆずこしょうでいただきます。
このシンプルさが、うま〜い鍋です。

日本酒をちびりちびりと飲みながら
鍋をつついて、しめはうどんで。
これが最高なのだけれど、
試験前だから・・・おあずけ(悲)。
もぉ最初から、うどんも投入しちゃいました。
寒くなると、3日に1回は鍋かも(笑)。

キノコを↑クリックで応援してね。
励みになってます♪
ありがとう。
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

常夜鍋

昨日の夕飯は、予告した通り鍋です。
お買い物へ行くのに、39度も熱があると、寒い寒い。
なので、マフラーぐるぐる巻いて、ニット帽かぶって
もこもこな格好をして、一応マスクもして、完全防備。
まずは、お肉屋さんへ。
「豚バラしゃぶしゃぶ用に切ってちょ〜」
いつも行くお肉屋さんなので、私の姿に同情してくれたようで
「いつもよりサービスしとくよ!お大事に!」と
お肉を多めにゲット♪(うれしぃ)
続いて八百屋さんへ。
「ほうれん草ちょ〜だいな」
こちらもいつも行く八百屋さんなので、私の姿に
「風邪かい?ほれ、みかんでビタミンとるといいよ」
とみかん1個いただいちゃいました♪(うれしぃ)
先週からツキに見放されていた私。
ここへきて一気に挽回したみたい。
これもワイルドストロベリーのおかげかな。

我が家の常夜鍋は、豚バラとほうれん草の名コンビ。
たっぷりのねぎとしょうがを添えていただきます。
ご飯、3杯おかわり。
熱はあっても食欲だけはすごいのよね。
食べ終わる頃には、汗をたっぷりかいて
今朝は、すっかり熱も下がって元通り。
ちなみに写真のほうれん草は一人分。
根っこは、油揚げと一緒に今朝の味噌汁になりました。

カボチャを↑クリックしてくださると
ポイント加算で嬉しいです♪
今日も読んでくれてありがとう。
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

春おでん

おでんは秋冬の料理?と思い込んでる人も多いのでは。
何を隠そう私もそう思っていました。
しかし、カレーライス殺人事件で紹介した食MAPによると、
1年中、家庭の食卓に登場しているのです。
そして、ちょっと冷えるなぁという日に、食卓に出る頻度がアップするのです。
それが、春の気温が下がる花冷えの頃と、梅雨の頃。
ということで、3月の気温で冷たい雨だった24日の火曜日に
春おでんを作ってみました。
春野菜たっぷり♪全て有機栽培のお野菜たちの競演です。



春おでんのレシピ

  材料/2人×2回分
   野菜いろいろ
   今回は、ミニ白菜・新タマネギ・新にんじん
        トマト・新じゃがいも・新ごぼう
   こんにゃく(手作りのこんにゃくは出汁がよくしみ込みます)
   がんもどき(国産有機大豆が使われているもの)

  作り方
  1.出汁をとります。
  2.具材を適当な大きさに切って鍋に入れます。
  3.塩・醤油・みりんを少量と出汁を入れて煮込みます。



野菜の旨みが本当においしいです。
薄味なので、野菜本来の味が楽しめます。
ごはんは、玄米です。
もちろん玄米も農薬をいっさい使ってないものです。
有機栽培なので、皮も根っこも全て食べられるので・・
生ゴミが出ないエコ鍋とも言えますね♪

翌日は、玄米を入れて雑炊スープでいただきました。
粒マスタードをたっぷりつけると美味♪
人気blogランキングへ
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

春野菜の精進風なべ

鍋の楽しさのひとつは、みんなでワイワイと鍋支度をすること。
今回の鍋は、野菜をピーラーでひらひらに切るのが、とっても楽しかった♪
引き出しの奥を探すと、ピーラーのひとつやふたつ出てくるもので(笑)・・・
我が家も、いくつかピーラーが出てきましたぁ。



そこで、夫とピーラー合戦!
どっちが早く上手にひらひらに出来るか競うことに。
夫は早いけど、ざるにちゃんと入れないから、ひらひら散らばっちゃって。
空中戦は、夫の勝利。
わたしは、地上戦へと。まな板に野菜を置いてピーラーを動かすと、
空中戦で最後まで戦おうという夫に圧勝♪フフフ ( ̄+ー ̄)キラーン

春野菜たっぷり。
新ごぼう、新にんじん、新たまねぎ、大根、さやいんげん。
めんつゆをそばつゆぐらいに薄めてベーコンのせん切りを入れます。
あとは、野菜を加えて好みの硬さに火を通し、卵黄をつけていただきます。
粉ざんしょうをふると、美味。
なんとも粋な春の日曜日になりました。

 なべあとは・・・
 そばです。
 十割そばにしたので
 ちょっとちぎれちゃってますが。
 最後は、鍋の残り汁に、
 蕎麦湯を入れて飲み干すと、
 心もお腹も大満足。

 今回も、栄養と料理4月号
 「春のなべ仕立て」を参考に。
 料理・スタイリングは松田美智子さん。

 
 ↑ポチっとクリックお願いします★


Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

鶏肉とキャベツの豆乳なべ

最近では、すっかりメジャー入りした感の豆乳なべ。
わたしも、数年前、豆乳なべにハマッた記憶があります。
豆乳が入ることでなんともまろやかなコクが生まれ、
いつものポン酢も上品さをまとって、うれしそうです。
あ、うれしいのはわたしですね。ヽ(^0^)ノ ワ〜イ
湯葉が食材に絡み合って、とっても美味♪



 材料/2人分
 鶏もも肉・・・1枚
 キャベツ・・・1/2個(650g)
 豆乳(無調整)・・・1と1/4カップ
 出汁・・・1と1/4カップ
 塩・オリーブ油・ポン酢・・・好みで適量
 うどん(乾麺)・・・適量
 小ねぎ(小口切り)・・・適量

 最初は、湯葉だけをいただきます。
 ポン酢でもいいし、
 塩とオリーブ油でいただくと、
 BEERに合います。

 鶏肉は是非、地鶏を。
 鶏肉のおいしさがわかります♪
 
 皮は取り除き、身は切り込みを入れ
 叩いて伸ばし、5〜6僂粒兩擇蠅法

 皮は、フライパンでじっくり焼いて、
 食べやすい大きさに切って塩をふる。

 BEERのおつまみに最高!

 キャベツは食べやすい大きさに。
 芯も薄く切って食べます。

 ここからは、鶏肉キャベツキャベツ
 BEERゴキュ♪の繰り返し。

 春キャベツはやわらかくて甘くて、
 いくらでも食べられちゃいます。

 なべあとは・・・うどんです。
 先に硬めにゆでておきます。
 細めのうどんが豆乳と絡んで
 おいしいです。

 今回は、栄養と料理4月号
 「春のなべ仕立て」を参考に。
 料理・スタイリングは松田美智子さん。
 たくさんの料理本も出されています。
 
 
 ↑ポチっとクリックお願いします★
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

厚揚げとキムチのチゲ

昨日は寒い1日でした。
こんな日は、やはり鍋♪
春に向かって、桜が咲く頃、花冷えの日には、鍋で温まりましょ。



材料/1人分
  A 厚揚げ・・・1枚(250g)
    白菜キムチ(酸味の出た古漬け)・・・50〜100g
    納豆・・・1パック(50g)
  せり(2冂垢気棒擇)・・・20g
  だし・・・2と1/2カップ
  みそ・・・大さじ1と1/2
  醤油(味を見ながら)・・・少量

作り方
1.厚揚げは熱湯をかけて油抜きをし、一口大にちぎる。

2.鍋にだしを入れ火にかけ、煮たったらAを入れ1〜2分煮る。

3.みそを溶かし入れ、せりを加えて軽く煮る。

 今回は、1人分ずつ作りました。
 なぜかというと、夫が帰ってくるのが
 遅いというのもありますが、
 「なべあと」を楽しみたいから。

 返ってきた夫の第一声は・・・
 「納豆くせ〜」でした(笑)
 でも食べると納豆臭さは
 感じないのです。
 ふっくら大豆でおいしいです。
 しかし、お風呂からあがると、
 2人して「納豆くせ〜」部屋に
 換気しまくりました。
 ( ̄●● ̄)ナンカクサイ・・・

 ←こちらが「なべあと」
 汁は少なめに残して
 ごはんを加え混ぜます。
 そして、じーっと待ちます。
 ちょっと焦げるくらいまで。
 おこげができたら、
 韓国のりを散らして、
 いただきます。

 
 ↑ポチっとクリックお願いします★

Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)

鶏肉ときのこのみぞれ鍋

出張から帰宅した夫が、喜ぶのが鍋料理です。
いつも大阪出張の時は、朝まで飲んで、睡眠不足で
帰宅するので、胃腸も弱ってます。
消化の良いだいこんおろしたっぷりのみぞれ鍋がぴったり♪
なべあとは・・・焼いたおもちです。
我が家の場合、「なべあと」というよりは、「なべとちゅう」で
いただいちゃうんですが。



材料/2人分
  鶏もも肉(一口大に切る)・・・1枚
  好みのきのこ・・・400g
  B 春菊(4〜5僂棒擇)・・・60g
    大根(すりおろす)・・・300g
  ごま油・・・小さじ2
  A 醤油・・・大さじ3
    砂糖・・・大さじ2
    だし・・・2カップ

作り方
1.好みのきのこを食べやすい大きさにする。

2.土鍋にごま油と鶏肉を入れ、色づくまで焼く。
  きのこを加えて汁けをとばす。
  Aを加え、1〜2分煮る。

3.Bを加えて蓋をして煮る。
  お餅を焼く。

今回は、まいたけ・しいたけ・えのきたけ・しめじを入れました。
だいこんおろしは水けを軽く切って入れますが、
残った汁は、あとから入れてスープのようにしていただきました。

←ポチっとクリックお願いします★

今日も朝から冷え込んでいるので、温まる献立をどうぞ♪
Posted by natsu * comments(0) * trackbacks(0)